奇妙な飛行機雲

私は、いつだったかは忘れたが、少なくとも5年以上前に、朝のマイカー通勤途上の空が以前よりも白くかすんでいることに気付いた。その日だけのことではなかった。夏から初秋の晴れの日には透き通っているはずの青空が、まるで薄白いフィルターをかけられたみたいにかすんでいる日が多いことに疑問を感じたのだ。

 

それまでは、単純に快晴ではなく薄い雲に覆われた淡い水色の空模様の天候に過ぎないか、光化学スモッグか、黄砂のどれか漠然と疑問にも思わない残念な空模様の日々が多いことを何となく感じていただけだった。しかし、ある日の朝に空を見たときに不自然な違和感で「おかしい」ことに気付いた。その日の青空の手前にも広がっていた薄白いかすみは、人工的に交差した何本もの雲の直線が膨張したように広がっているように見えたからだ。明らかに不自然だった。

 

その日以降、より意識的に空を観察するようになった。すると人工的な雲の直線がまさに形成されるところを発見した。それは上空に小さく見える飛行機の飛行軌道に描かれる白い筋だった。同時に2機の飛行機が白い筋を引っ張りながら飛んでいた。素人目にも、その飛行角度や方向が民間の航空機の軌道ではないことが分かった。

 

当然ながら、最初はいわゆる飛行機雲だと思った。しかし、その色や濃度や挙動は、私が知っていた飛行機雲とは違っていた。私は子供の頃から空を見て過ごすのが好きで、飛行機雲もよく眺めた。確か、普通の飛行機雲は、雨が降る前の湿度が増した天候状態のときに現れ易いとされる意図して噴出されるものではない現象だというのが私の認識だった。例外として、空に文字を描くデモンストレーションがあることも知っていた。しかし、私が何度となく好んで見入っていた飛行機雲は、青空に透ける白い筋で、飛行機から離れるとやがてぼんやりと広がりながら「消えていく」のだった。

 

それに比べると、私が違和感をもって眺めているこの別種の飛行機雲は、濃い白色で、飛行機の尾から噴出されているように見え、長々と続き、消えることはなく、やがて横に幅を広げながら拡散して、だんだんと青空を薄白く覆っていくのだった。これは明らかに私が知っている、私の好きな飛行機雲ではなかった。

 

その日以降、意識すればするほど、頻繁に、そのおかしな飛行機雲を見た。透き通った朝の青空に何本も何本も、時には碁盤の目のような交差模様を作るように、白い筋を引っ張って、その白い筋たちがだんだんと太く広がって、やがてはお互いがくっつき合うように空全体を薄白く多い尽くすのだった。

 

私たちを心地よくさせるせっかくの透き通った青空をどこかの誰かが白く濁らせているのだ。私が住んでいるのは日本だ。住民である私たちに何の説明も無く、誰が何のためにやっているのかも分からない、空の人工的な白濁化が行われているのだ。私たちが暮らす上空への明らかな作用を施しているこの活動について、少なくとも国には説明をする義務があり、私たち住民には説明を受ける権利があるはずだ。

 

この不可解な人口操作現象を、ネットを中心に調べてみると、「ケムトレイル」と呼ばれるものに合致することが分かった。世界中の先進国を中心に頻繁に観察されている現象で、米国軍機による化学物質の噴霧行動であるとする認識を主として、有害物質の撒布であるとか、気象操作であるとか、ただの飛行機雲に対する陰謀論であるとか、科学的検証によるものや実際の関係者による証言とされるものを含めて、いくつかの見解があるようだ。

 

ケムトレイルの意図は、当然ながら行為主体には認識されているものの、確固たる説明や証拠を与えられていない我々一般大衆にとっては、少なくとも今のところは、その正体や目的を結論づけることは出来ていない。

 

ケムトレイルを認識して以来、私にとっては、その正体が分からないまま見過ごしたり許容できたりするものではない、不可解で不気味で嫌悪感のある現象であり続けている。私たちの空を勝手に何の説明もなく、一方的な理由によって濁す、この行為は、まるで、私たちが、国家かもしくは他の支配権力によって有無を言わせず奴隷のように服従させられているかのような感覚さえ芽生えさせてしまう。

 

私は、このような類の不愉快な事柄を、すすんで誰かに広める気がするタイプの人間ではない。たまに気が向いたときに、気が向いた人にだけ、思い立ったように話してみることがある。そこで驚くのは、誰一人として、ケムトレイルという言葉はもちろん、その存在を知ることもなく、それ以前に、自分の暮らす場所の空に引かれる不自然な飛行機雲や不自然な雲の広がりにさえ気づいたこともない、ということだ。現代の生活では、空を見上げることさえ、あまりしないのだろうか。

 

ケムトレイルが何なのか、誰が撒いているのか、何故説明がなされていないのか、を調査究明することは、当然ながら必要なのだろうが、それ以前に、私が一番重要だと思うことは、「気づく」ことだ。異変に気づき、違和感を持ち、疑問を呈し、意識する。これはケムトレイルだけに限ったことではない。

 

知らず知らずのうちに、国家や大資本や見えない何かの大きな権力の実験対象となり、奴隷となり、搾取されるのを許容したくないのであれば、まずは気づくしかない。相手は底なしの資金と科学技術と巧妙な心理操作と脅しを駆使してあなたたちからエネルギーを搾取することで権力を維持するのだから。

 

少なくとも私は、騙されたくないし、騙されたままでいたくはない。

 

違和感

もし、あなたが、生きていてしっくりこなかったり、浴びせられている情報に直感的に疑問を感じることが度々あるのならば、それは、あなたに真の知性があるという証拠です。

 

あなたの周りを見渡して下さい。テレビや新聞から流される画一的な情報を事実だと思い込み、国中で同一の感情を持たせられ、とてつもない規模の集団として時には同情し、時には歓喜し、時には悲嘆し、時には恐れ、そして時には怒っているのです。あなたの周りの人々の多くは決して裕福ではないのに、不必要な物を買うことに必死で、アルコールや人によってはギャンブル、セックスの中毒となり、スポーツに夢中になり、食べることや着飾ることのために徘徊し、家族として過ごす時間は少なく、洗脳され、無能化されているのです。

 

しかし、真の知性を生まれつき持ち、わずかながらでも保持しているあなたにとっては、この世界で繰り広げられていることはあまりにも矛盾と偽善に満ち、虚構に支配されており、下らないことが多過ぎてばかばかしいと感じているはずです。あなたは飼いならされた羊たちから言われるかもしれません。「地に足を付けろ」「何も変わりはしない」と。そしてあなたはためらい、迷っています。自分の真の敵は誰なのか、国家なのか、イデオロギーなのか、強大な資本家や企業家のような搾取者なのか、それとも自分自身なのか。何を変えるべきなのか、コミュニティーか、社会か、国か、世界か、それとも自分の中の信念なのか。

 

でもあなたは立ち止まってはいけない。諦めてはいけない。たとい今何をどう実行すればいいのか分からないとしても、あなたは着実に進化している。

あの国の大統領選挙について

先日行われたアメリカ合衆国大統領選挙の結果とその前後に関することについて、取り敢えず私見を述べてみる。

 

まず、結果については、事前に予想を表明しなかったからには、後付けでどうにでも言えるのでは、という批判を覚悟で触れると、少なくとも二者択一の段階になった以降は、私的にはトランプ氏を強く支持していたものの、正直に言うと当選は難しいのではないかと思っていた。それは、ヒラリー氏がまともかつ有力でトランプ氏がまともでなく支持が足りないからということでは全くなく、むしろトランプ氏の支持の方が実際的には強かったとしても、隠れた敵対する巨大な力によって歪められて当選を阻まれてしまうのだろう、と思っていた。同じような主旨のことはウィキリークスのアサンジ氏も事前に述べていた。

 

実際に敵対する勢力が主にマスメディアを使って不公平で不公正に反トランプキャンペーンを展開したことは既成の事実であろうし、証拠が明白ではないが一部で噂された票操作による不正選挙の真偽は別にしても、少なくともトランプ氏が大統領には不適格というレッテルを世界中(とはいえ現実には西洋とその同盟国に限られるのだろうが)で貼ることに成功したにもかかわらず、思惑通りの結果にならなかったということは、いかにヒラリー氏の支持が相対的に低過ぎたかということの表れであり、見誤られ過小評価された支持差のギャップを埋めるほどのエネルギーは注がれなかったということだろう。

 

色んな角度からの情報を冷静に分析すれば、選挙戦におけるトランプ氏の支持集会への動員や盛り上がりに比べて、ヒラリー氏の集会の動員の乏しさは顕著であったことに気づかない方が難しい。頻繁かつ執拗に報道され続けたトランプ氏の暴言?は彼の長い演説の中のごくごく一部を切り取って効果を施した悪意のある編集演出であった反面、彼のまともな言動がマスメディア上で黙殺されている事実は現地の多くの人たちが伝えていたし、彼の訴える政策に関しても、人種差別的とされる事柄だけが取り沙汰され、彼がヒラリー氏に比べずとも目を見張って平和志向なことは、ここ日本においてはほとんど伝えられていない。むしろどういう論拠か彼が大統領になろうものなら核戦争の可能性が高まるというイメージさえ植え付けられてしまっており、何と私の中学二年生の子どものクラスでは、トランプ氏の当選のニュースに対して大多数が失望し、戦争の近まりを口にする子が少なくなかったというのだから驚きである。

 

私自身、トランプ氏を支持した理由の一定の部分が彼が示した方向性への賛同であったと同時に、一定部分はヒラリー氏にどうしても当選して欲しくないという相対的なものだった。これもまたここ日本ではほとんど表舞台では報道されていないばかりか、本場のアメリカ合衆国においてさえ情報の拡散は乏しかったようだが、ヒラリー氏という人物はISISというテロ組織の誕生を促し、中東や北アフリカでの米国主導による偽クーデターや戦闘行為を大いに助成し、結果的に今でも世界の複数地域で継続している紛争や混迷において一般市民が犠牲になり続けていることの原因に大きく加担している。それは当然ながら彼女が搾取的な金融資本や軍産複合体の利益に浴し仕えているためであり、そういった巨大な企業をスポンサーにしている彼女の立場としては操作的な国際緊張が導く軍拡と実戦による兵器の消費増大、軍事的優位を前提とする外国地域での米国資本の利権取得の下地作りが必須の仕事なのは明白である。ヒラリー氏があまりにも無慈悲な人間だという事実は日本のマスメディアは無知か圧力による偏向かのどちらかの理由から、一切報道することはない。アメリカ政府が継続しているロシアという進化的な国とその指導者であるプーチン大統領の悪魔化という嘘のプロパガンダにも、日本のマスメディアは従順に追随し、ヒラリー氏がプーチン氏をヒトラーだと評したことは批判もなく伝えても、なぜアメリカが真実をねじ曲げてまでもロシアに敵対したいのかという分析がなされることは無い。今回のアメリカ大統領選においてロシアがハッカー攻撃などにより親ロシア的なトランプを勝たせるよう某略を働いているという、アメリカ政府の常習犯的な嘘にも懲りずに事実かのごとく援護報道している。ちなみにその疑惑に関するロシア政府からの証拠提示の要求に対しアメリカは黙ってとぼけている。

 

つまりトランプ氏の資質や政策の隅々においての不安の問題が取るに足りないほど、ヒラリー氏の大統領選出を免れたことによって、戦争の拡大が回避され、遠くの国の子どもたちを含む多くの一般市民の無残で無慈悲な死傷が回避できたということである。それでもまだあなたたちの多くは、世間のトランプ批判に付き合い続けるのだろうか?

 

トランプ氏が選挙戦中に訴えていた政策が実際にはどの程度実行されるかは疑問だ。しかし大金持ち故にスポンサーが不要だった彼が、真剣に非富裕層の利益を追求するならば、自ずとその利益を損ねられる富裕支配層の阻止活動が立ちはだかることになり、歴史の例に倣うならば、彼が見えざる巨大な力により暗殺される可能性は低くない。

あなたを取り巻く罠 「働かざる者食うべからず」

あなたが生まれてから今まで生きてきた間に当然のように受け入れ当たり前と思っていること、言い換えれば常識、これらは誰かがあなたを隷属させるための罠かもしれません。


「生きるためには(生計を立てるためには)働かなくてはならない」ということは当たり前のことであり、大資産家やその子息でもない限り、人間は衣食住のために働かなくてはならないと誰もが思っているでしょう。ここでの勘違いは、自分自身と家族の衣食住のため以上に働くことが当然となっていることです。あなたたちが働いて生んだ利益のうち、なるべく多くを雇い主が回収し、あなたたちがそこで働くことを辞めないために考え抜かれた最低限度のみがあなたたちに給与されます。そしてあなたたちは、その最低限度の賃金のうちの一定を税金として引かれた後のかなりの多くの部分を必要限度を超えた衣食住やそれら以外の消耗品や趣向品の購入そして気晴らしに使います。そしてわずかに残した貯蓄分を預けた銀行は、あなたたちの預金を担保にその何倍もの架空のお金を他の誰かに貸し付け、利息とともに回収します。

つまりあなたたちは、資本家の利潤のために働き、企業家の利潤のために購買し、銀行家の利潤のために貯蓄しているのです。あなたたちの社会のために還元されると思い込まされている税金ですら、公共資金という名目で企業に還流されたり、国債の元本を賄わされた上でその利息を投資家の利潤として分配されます。

そして一方では、あなたたちが汗水たらして働いている間に、あなたたちがもたらした利潤の集積を所有し、働くことなく豪遊している人たちもたくさんいるのです。また、スーツにネクタイをして大企業の有望戦士気取りで颯爽と仕事をしている高慢な人たちもいますが、彼らは所詮体のいい小作人であり、まやかしの厚待遇を洗脳するに充分に組織化されるほど充分な規模の資本という耕作地を持った大企業という大地主の下で自己支出のスーツというユニフォームを着て得意気になりながらあくせくしている小ぎれいな小作人に過ぎません。


あなたたちが働いて生んだ利益のうちの、全部は難しいとしても、なるべく多くの部分をあなたが得て、またそのうちのなるべく多くの部分をあなた自身やあなたの家族のために利用する方法はあるかもしれません。

騙されていることを認める勇気はありますか?

あなたたちが知っていると思っていることは真実ですか? それらはテレビから得たものですか? 新聞や雑誌からですか? インターネットからですか? 知人からですか? それらが嘘や勘違いではないと誰が保証しましたか? あなたたちは、それらの情報の真偽を確認しましたか? あなたたちが実際に直接見た出来事ですか?

 

 あなたたちは、性善説に基づいて他の人々や組織と接することが多いでしょう。それはあなたたち自身が基本的に善人であり、まさか嘘や暴力で他人を欺いたり搾取したり支配したりしようなどと望んでいないからです。だからこそ、あなたたちは幼少のときからテレビや新聞に代表されるマスメディアを介して得た情報を疑うことなく真実だと思い込み、大方の権力者たちがうまくやろうがやるまいが方針としては国のため組織のために尽力しているのだと信じてきたのです。

 

 だから、今になってそれらのほとんどが嘘や歪められた情報だったと言われても、信念を覆すにはあまりにも膨大に蓄積されコントロールされた虚偽を頭の中で固められ過ぎていて、受け入れることはかなり困難なことかもしれません。

 

しかしながら、同時にあなたたちはずっと、大小様々な矛盾を見聞きしながらも疑問を棚に上げて受け入れ続けてきたことも事実でしょう。大きな嘘は少なからずの矛盾を露呈しますが、まるで善人がまれに犯す小さな失敗に目をつぶってあげることと同じように、隠された巨大な偽善が生んだ数々の矛盾を見過ごしてきたのです。

 

自分が真実をほとんど知らないということを受け入れることは大変な勇気のいることであり、屈辱的なことですらあるかもしれません。しかし、今まで通りにこれからもずっと誰かにとって都合のいい虚偽を都合のいい方法で植え付けられ続けることの愚かさを選ぶことの方がより屈辱的なことではないでしょうか。

 

テレビや新聞や雑誌からの情報が全て嘘というわけではありませんし、インターネットからの情報が全て真実というわけでもありません。情報には、誰かの得のために創作されたものと、真実を伝えたいという思いから発せられたものとが混在しています。それらの中から真実そのものか真実に近い、または真実につながる情報を見分け、聞き分ける必要があるのです。

 

あなたたちが住む国では、あなたたちが働く企業が巨大な利益を上げながらも、あなたたちには還元されず、あなたたちの周りには食べることにすら困った人たちがいるのです。単純にこれらの事実からしても、あなたたちの住む国が善意に基づいて運営されている姿ではないことが明らかです。

 

あなたたちが住む国の国家はあなたたち一般国民のために機能しているのではなく、昔からの既得権益者たちを多く含む大資産家や大企業家たちのために、そしてこの国を実質的に占領し続けいている他の特定の国家のために機能しているのです。あなたたちがあなたたちのためにあると信じている政府は、あなたたちの生活や環境を向上させることを目的としているわけではなく、あなたたちになるべく多く働かせて経済を拡大させ、その報いとして得たわずかな金銭のなかからなるべく多くを消費させて資本家の利益に還元し、または税金という名目で国家に回収させて資本家や占領国政府に還流させることを目的として機能しているのです。

 

そして国内外の巨大企業はあなたたちの健康や命を顧みずにむしろ犠牲を強いてあなたたちにモノを売りつけることに全身全霊を注いでいます。モノを売り続けることで利益を上げ存続し続ける企業は、あなたたちがモノを買い続けるために、彼らが提供するモノがあなたたちにとって必要不可欠だと信じこませるために巧みに作り上げた宣伝というマインドコントロールをマスメディア経由で発するのみならず、社会そのものの形態を広告としているのです。

 

あなたたちを食い物にして莫大な利益を上げる巨大企業は、献金という名目で多額のカネを政治家たちに与え、カネで飼いならされた政治家たちが運営する政府を好都合にコントロールしているのです。

 

それでもまだあなたたちは、クニがあなたたちのためにあると信じ続け、あなたたちに情けがあると信じるカイシャで労働して得た釣り合いのとれないなけなしのカネを払ってキギョウの利益のために有害で不要なモノを買い続け、キギョウとセンリョウコクが支配するクニにゼイキンを払い続けたいですか? キギョウとクニとセンリョウコクから搾取され続けますか?

民主主義という偽善

一般の人たちが民主主義と思わされているものは、決して民主的ではない。

議会制民主主義は本当の意味では民主主義ではない、あるいは、民主主義は民主的ではない、とも言える。

民主主義は資本主義と表裏一体であり、資本家の利益ためには機能するが、民衆の利益のためには機能していない。国民の代表と思われている議員たちの中には昔からの特権階級が多くいて、資本家でもある特権階級の仲間や企業家たちの経済的支援を受け、利権を付与し維持または拡大することで報いてやり、その原資には民衆の税金が充てられている。民衆からは連続的に増税し、公共事業や公的保険や補助金などの名目、そしてときには復興事業と称して企業に還元し、消費税の裏からくりや法人税減税その他の特別措置減税により大企業の税負担を優遇的に減らしている。つまり、行われているのは資本家や企業家のための政治であり、民衆からの搾取である。民衆は企業に勤め、企業と取り引きすることによって搾取され、消費という名目で搾取された上に、国家からも搾取されているのだ。そしてさらに悩ましいことに、その国家は強力な国家に隷属しており、自国民からの搾取を献上さえしているのだ。

あなたの国家が隷属している強力な国家は、民主主義を世界に広めるという大義名分を振りかざして、軍事という暴力によって他国の資源を奪い続け、民主的ではない独裁軍事政権を傀儡に据えることを繰り返している。自国の資本家の利潤追求のために、他国の多くの民衆を軍事殺害し、奴隷化し、搾取する、というお決まりのスタイルを貫いている。

これが民主主義の顔だと胸を張る強力国家の実態であり、そこに隷属する子分国家の民主主義など、それ以上の見せかけでまやかしの国民搾取システム以外の何物でもない。

あなたはまだ、あなたの親分国家が自由と正義を追求する民主国家であり、あなたの住む子分国家は尊敬されるに値する知性と礼節を持った独立国家であると思い続けていられるほどうぶだろうか。

嘘という威圧

ときどき、どうにもこうにも我慢ならないときがある。

 

なぜ、ああもいけしゃあしゃあと嘘をつけるのだろう? ひょっとすると、まさか自分が嘘をついているなどとは露ほども思っていないのかもしれない。そうでなければ、そんなに明白な嘘をついて誠しやかな顔をしていられるはずがない。まるで、人の視覚情報がその人の思いの影響で容易に歪められるのと同様に、数時間前の自分の言動に対する記憶すら、その人の都合のいいように修正され、本人により確信されてしまうのだろうか? 微妙なニュアンスなどに対する本人と受け手との間に生じる印象や記憶のギャップはありふれているだろうが、明確に放った言葉が、受けた相手の記憶と全く違うのは犯罪行為に等しい。

 

こういったある種の暴力とも言える、相手の記憶に対する弾圧は、往々にして強者と弱者か利己的な者とそうでもない者との間において行われる。立場が上の者が下の者に対して発動した威圧や侮辱は、そこに第三者となる目撃者が存在しない限り、立場が下の者が勇気を振り絞って告発しても、ただ「やっていない。言っていない。大袈裟に捉えている。誇大妄想だ」といったけちらかしによって、証拠なきこととして一掃されてしまうのだ。

 

こういうことは、日常的に、あなたの家族の誰かとその上司、教師、先輩、年輩、顧客そして何かしらの団体の上役らとの間で行われている。また、被害者である正直な弱者は、そんな苦しみを誰にももらさず、自分一人で耐え忍ぶよう努力し、またそうすることが美徳なのだと思い込まされている。そしてそういった弱者の悲しい忍耐に、嘘つきの強者は日々つけ込んでいる。

 

人間の中には実に汚い性格を持った者が実に多くいる。しかも、そういった連中のうちのかなり多数が自覚していない。自覚した厄介者もたくさんいるが、自覚していない偽善者ほど性質の悪い者はない。人間のほとんどは幾分において偽善的な振る舞いをしがちではあるとはいえ、ある程度の人たちは自覚しやすく、いつしか偽善に気づき、恥ずかしさを覚え、改善を試みる。

 

 

それが社会だ。大人ってものはそんなもんだ。そういった不条理をくぐり抜けることで、社会に適応して行くんだ。と言う奴もいそうだが、そんな奴は社会の敗北者だ。負け犬の論理を遠吠えしているだけだ。そんな社会は汚れた場所だ。そんた大人はクズだ。そんな世渡りで世間慣れしているつもりになっている者は残飯をあさって生きている動物と同じだ。

 

 

あなたの大事な人が、どこかの横暴な嘘つきによって、心を傷つけられているかもしれない。度重なる傷に慣らして心の皮を分厚くさせるより、美しい笑顔の源である繊細な心のままで守ってあげよう。そうできるよう、あなたや私が聡明な愛を強化しよう。